ピアノを優雅に弾きたいなら防音工事をしよう

リフォーム工事

家の問題を解決する工事

マイホームを持つ人は、古くなった家を綺麗にするリフォームを検討することもあるでしょう。扉の開閉や水回りの床、雨漏りといった問題を解決するために、リフォーム業者に依頼することになります。呉市のリフォームには相場があるので、安く仕上げるためにはおおよその価格を知っておくと交渉しやすくなります。

のびのびと演奏するために

防音室

工事の方法や費用

ピアノは、鍵盤を叩く力の強弱で音の大きさが変化するように作られています。強く叩くと大きな音が響くことになりますし、さらにペダルを踏むと、その音が響く時間が長くなるのです。音が大きいほど、そして長く響くほど、周囲に与える影響も大きなものとなります。そのため自宅でピアノ演奏をする人の多くが、音を遮断するための防音工事をおこなっています。防音工事は、基本的にはピアノを設置している部屋全体に行うことになります。壁やドアや窓はもちろん、床や天井も、音を通しにくい状態にする必要があるのです。具体的には、壁や床や天井をいったん剥がしてから、遮音性の高い石膏などで作られたボードを挿入します。その上で壁板などを元の通りに設置して、さらに表面に、コルクやフェルトなど吸音性の高い素材のシートを貼り付けるのです。ドアは、それ自体を石膏で作られたものや、敷居との隙間が生じにくい形状のものに交換します。そして窓は、ペアガラスと呼ばれている、ガラスが二層になっているものに交換するのです。こういった防音工事にかかる費用は、部屋の広さにもよりますが、6畳間の場合で約200万円が相場となっています。10畳間の場合で約300万円ですが、これにより周囲への影響を多くは気にせずに、のびのびとピアノを演奏できるようになります。さらに音が周囲に伝わっていきにくい分、室内で反響するので、ピアノの音が一層美しく聞こえるようになります。このメリットからも、防音工事を希望する人は増えてきています。

リフォーム

業者に依頼する

部屋の顔とも言えるクロスは、長年住み続けていると汚れや傷が目立ち、剥がれることもあり、張り替えをする必要があります。専門業者に依頼すると、好みのクロスを選ぶことができたり、必要な手間や時間を省けるなどメリットが多いので検討してみましょう。

エアコン

東北での快適な生活

仙台に引っ越してきてから、改めてエアコンが必要だと感じているのなら、業者に取り付けを頼みましょう。家電量販店でエアコンを購入するときにも依頼できますし、インターネット上で取り付け業者を探すこともできます。